マンション管理士は、マンション管理の諸問題に対して管理組合の立場に立って、解決を支援する専門家です!業務地域◇阪神地区:西宮市,宝塚市,芦屋市,神戸市,伊丹市,尼崎市,三田市,川西市ほか隣接地域

  トップメニュー
  インフォメーション
  RSS 配信ニュース
  マンションの法律
  マンションの維持
  マンションの運営
  マンション関連書籍
  et cetera
  HP内検索

高度な検索
ブログ =投稿順=
ブログ =アーカイブ=
カテゴリ一覧

ブログ - 震災への備え =その2=

ヘッダーナビゲーション

震災への備え =その2=07-07-22

 このよもやま話を草稿中、7月16日新潟県上中越沖を震源とするマグニチュード6.8、震度6強から震度6弱の地震が発生しました。柏崎市西山町で最大加速度が1018ガルであったと気象庁が発表しました。地球の重力加速度が約980ガルですので、980ガルを超える縦揺れでは地表に置かれたものが「宙に浮く」、まさに空中に放り上げられるのと同じで「飛ばされる」ことを意味しています。
被災されたみなさまには心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を願ってやみません。

 新耐震基準(1981年6月1日)以降に建築確認されて建てられたマンションは、震度6弱程度では建物は倒壊せず人命が保護される設計となっていますが、今回の地震の規模では新耐震基準でも微妙な気がします。当グランドマンションは新耐震基準(1981年6月1日)以降に建てられたもので、1995年の阪神淡路大震災時に被災しましたが、震度7の地域からは少し離れていたようで(下記マップ震度マップ参照)、幸いにして一部損壊で済んだようです。一部損壊とはいっても主要構造部分以外の共用部分(外壁タイル等)、埋設排水管、外構部分など修繕すべき箇所は多々発生しました。

=== 気象庁の現地調査の結果 (H7年2月7日気象庁発表) ===
・神戸市須磨区JR須磨駅付近から兵庫区新開地まで
・中央区JR三ノ宮駅付近から西宮市阪急夙川駅付近まで
・芦屋市三条町付近の一部
・芦屋市山手町の一部
・西宮市甲東園付近
・西宮市阪急西宮北口駅付近
・西宮市阪神今津駅付近
・宝塚市JR宝塚駅東側
・宝塚市JR中山寺駅付近
・北淡町、一宮町、津名町の一部 を震度7と認定した。

 当マンションは築平均7年(棟により異なる)に被災したものの、大規模修繕工事をするには早すぎました。また当時は毎月の修繕積立額が低く抑えられていたため、大規模修繕工事を3年程度後に控えていたとはいえ、修繕積立金はかなり不足していました。大規模修繕であれ震災復旧工事であれ、いずれにせよ工事金額の内かなりの金額を占める仮設足場を組む必要がありましたので、大規模修繕工事と震災復旧工事を同時に実施することでこのコストの低減を図ることで住民は合意しました。結果として各戸の一時負担金を極力抑えることができたと思います。もし大規模修繕工事を行った直後に被災していたら、修繕積立金の備えに余裕もなく、震災復旧工事での一時金負担は更なる金額に膨れあがっていたと思います。

 当マンションは、5棟がエキスパンションや渡り廊下などで繋がっている分棟型マンション(「連坦棟」とも言われます)が、修繕積立金を一括して管理していた関係で復旧工事は5棟が一体として行われました。その費用は、大規模修繕工事の1戸当たり平均負担額(本来は計画的に修繕積立金として積み立てられている額)を100万円としますと、震災復旧工事を含めて140万円掛かりました。逆に通常の大規模修繕修繕工事の1.4倍で震災による復旧工事まで行えたと考えると、かなりコストを抑えられたのではないかと思います。
やむを得ない事態とはいえ、一時金の徴収はしんどいもので、できれば無いほうがよいですね。

 今後も「わが家の被害想定」によりますと、兵庫県でもいくつかの断層で地震が予想されており、私の近くでは"有馬高槻〜六甲断層"によるマグニチュード7.7程度の地震が予測されています。地震は起こって欲しいとは思いませんが、どうやら日本のなかどこに住んでいても地震による被災の可能性があるようです。何らか地震に対する備えはしておきたいものです。

 阪神淡路大震災の時の専有部分の状況はといえば、ニュートンの万有引力の法則と慣性の法則からすれば、「当然のこと」が起こります。上にあるものは下に落ちる(壁掛けの物)、固定されていない重心の高い物は倒れる(タンスや本棚)、たとえ倒れなくても扉が開けば収容物は飛び出す(本や食器類)等々。結果として足の踏み場が無くなるほど散乱した状態になります。
これらの対策については、検索すれば色々お役立ち情報が見つかりますのでそちらに稿を譲ることにさせていただきます。「今すぐ出来る地震対策」も参考になると思います。また被災して壊れてしまった動産については、「家財動産保険」に加入してオプションで地震保険も付帯しておけば、思い出の品は元には戻らないかもしれませんが、金銭的には補償されます。

 一部損壊でも専有部分の被災は動産に限りません。主要構造部分である耐震壁が建物の破壊を防いでいますが、耐震壁ではない間仕切壁や窓のある壁は、地震時の上下・水平の両方向の応力を逃がす役目を担っていますので、ヒビや亀裂が入ってうまく壊れてくれます。その破壊された光景にまずビックリしますが、建物としては問題ないのです。これらの修復は共用部分の復旧工事に含まれています。

 室内側からいえば、部屋の壁紙は破れてその下の石膏ボード(プラスターボード)がずれたり、亀裂が入ったりしますので、元の美観に戻したい場合は専有部分の補修工事が必要となります。石膏ボードは専有部分に属しますが、当マンションでは共用部分の復旧に係った専有部分の石膏ボード修復についてのみ、共用部分の工事費で賄いました。
 家財動産保険に加入してオプションで地震保険も付帯しておけば、壁紙や石膏ボードの修復費が金銭的には補償されると思いきや、"そこまで補償してくれる保険は現在ない"ようです。加入の際にはよく約款などを調べてご確認ください。
被災すると、修復工事は共用部分だけでなく、程度によっては専有部分についても自己負担で修復する必要が生じることをご認識下さい。

 「地震保険」は、火災保険の保険金額(契約金額)の30%〜50%に相当する範囲内で、建物5,000万円、家財1,000万円を限度として加入できます。支払保険金は、全損、半損、一部損によって、地震保険金額の100%、50%、5%が支払われます。兵庫県にお住まいの場合で建物火災保険2,000万円、建物地震保険1,000万円としたとき、火災保険料とは別にマンション建物の地震保険料は13,500円(割引考慮せず)となります。仮に一部損壊となった場合は保険金額(時価)の最大5%(上記例では50万円)が支払われます。
 地震保険は保険料が高い割に補償内容に制限があるなど色々と意見が分かれるところですが、復旧補修工事の際に、一時金負担が生ずるような場合の備えにはなります。

 兵庫県にお住まいの方にはお勧めの共済制度があります。
兵庫県では、阪神淡路大震災の教訓を踏まえ、全国に先駆けて「フェニックス共済」という住宅再建共済制度が平成17年9月から始まっています。この共済制度は、住宅を所有している方(マンションなら区分所有者)が加入でき、災害発生時に被害を受けた住宅の再建・補修を支援する制度です。地震保険などの「自助」や、公的支援(「公助」)の限界を埋める、住宅所有者間の相互扶助に基づいた、新しい「共助」による住宅再建支援システムです。掛け金が安く定額なのが特徴で、住宅1戸につき年額5,000円で、3年以上の一括支払いの場合、1,000〜5,000円の割引があります。被災して補修する場合、大規模半壊で100万円、半壊で50万円が給付されますが、ただ一部損壊は対象とならないようです。

 現在は、残念ながら兵庫県にお住まいの方だけになりますが、小さな負担の割に、給付額が大きいので安心を確保したい方には是非お勧めいたします。定額の負担で定額の給付、あらゆる自然災害を対象、地震保険等との併用が可能などの特徴があります。
申込は戸別ごと個人単位で可能で、県庁、県地方機関、市(区)役所、町役場、郵便局、JAなどからできます。インターネットからの申込も可能です。そういってお勧めしている当人はといいますと、もちろん加入しました(加入者証)。管理組合全体で申し込むように進める団体があるようですが、加入するかどうかは個人の自由であることは自明です。

 困ったときはお互いさま、そしていざというときの”終の棲家の安全・安心”のためにも、全国的にこの共済制度が普及することを願っております。また被災の教訓が少しでもお役に立てば幸いです。

 次回は、地震に備えるマンションコミュニティについて考えたいと思います。

・今すぐ出来る地震対策
・わが家の被害想定
・地震保険の概要(財務省)
・地震保険は必要か(AllAbout保険)
・日本の地震保険(損害保険料率算出機構)
・保険料試算(損保ジャパン)
・フェニックス共済(兵庫県住宅再建共済制度)

このエントリーの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録

     |ホ ー ムプライバシーお問い合わせお問い合わせフォームリンクについてリンク集
   
Copyright ©2003-2017, Condominium Administrative Manager MAINO, Edu-Plan Ltd.           
  == 左側メニュー枠が縮小されて歪む場合、【 お気に入り 】エクスプローラーバーを一時閉じて閲覧ください ==