マンション管理士は、マンション管理の諸問題に対して管理組合の立場に立って、解決を支援する専門家です!業務地域◇阪神地区:西宮市,宝塚市,芦屋市,神戸市,伊丹市,尼崎市,三田市,川西市ほか隣接地域

  トップメニュー
  インフォメーション
  RSS 配信ニュース
  マンションの法律
  マンションの維持
  マンションの運営
  マンション関連書籍
  et cetera
  HP内検索

高度な検索



カテゴリ: お役立ちツール
訪問Wordpress ビジュアルエディターTinyMCEでの表示フォント変更 備忘録[1]  人気 最終更新日: 2014-6-1
説明:
別サイトをWordPress日本語版(Ver.3.9.1、以下WP)を導入して立ち上げました。どちらかというと動的コンテンツが得意なWPは、これまでのXOOPSとだいぶん勝手が違い慣れるまでに時間がかかりそうです。

Themeは標準添付とは別のフリーテーマを導入しましたが、そのこともあってか、使い勝手をよくするための調整がなかなかうまくできず苦戦しました。なんとか期待する調整ができましたので備忘録として記録します。

作業に当たっては、事前にデータベースのバックアップ(プラグインwp-dbmanagerなど)とテーマやプラグインのバックアップ(wordpress-backupなど)を行ってから、自己責任でお願いします。

■ビジュアルエディター(TinyMCE)での表示フォントが小さい問題
Themeが標準の[twentyfourteen]などでないことも影響していると思いますが、記事投稿やページ作成編集の際、まず問題だったのはブラウザ(IE10)の既定値(100%表示、文字サイズ16px)では、タブ[テキスト][ビジュアル]画面とも13px位と小さくて、老眼の身にとっては辛く、かといってその都度画面表示を拡大したり表示フォントサイズをIE側で切り替えるのも面倒なので、あれやこれや調べたりしてトライしてみました。

【手順1】
?WPインストールフォルダー
/wp-includes/js/tinymce/skins/wordpress 内の[wp-content.css]ファイルを、たとえば次のように変更します。

body {font-family: "メイリオ" , "ヒラギノ角ゴ Pro", "MS Pゴシック", "MS P Gothic", Verdana, Georgia, "Times New Roman", "Bitstream Charter", Times, serif;
font-size: 15px;
line-height: 19px;
color: #262626;
margin: 10px;
}

?「"メイリオ" , "ヒラギノ角ゴ Pro", "MS Pゴシック", "MS P Gothic",」が追加箇所です。
・フォントサイズは希望のサイズに変更
・文字色もグレーを少し暗くしています。

?以上を同じフォルダー内へコピー(旧ファイルを名前を変えて念のため保存しておくと復旧が楽です)
?ブラウザのキャッシュをクリアして、表示ページを再読みします。

■結果
[テキスト]画面では、変更が反映されてフォントサイズは15px位に変更されたようです。フォントの種類も追加した先頭フォントのメイリオになりました。フォントの種類はPC等に保存されているフォントに依存します。

[ビジュアル]画面では、フォントサイズは反映されましたが、フォントの種類は相変わらず、英文フォントの代替フォントとして明朝体で表示されているようです。

→続きは[2]で

ヒット数: 537   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

     |ホ ー ムプライバシーお問い合わせお問い合わせフォームリンクについてリンク集
   
Copyright ©2003-2017, Condominium Administrative Manager MAINO, Edu-Plan Ltd.           
  == 左側メニュー枠が縮小されて歪む場合、【 お気に入り 】エクスプローラーバーを一時閉じて閲覧ください ==