マンション管理士は、マンション管理の諸問題に対して管理組合の立場に立って、解決を支援する専門家です!業務地域◇阪神地区:西宮市,宝塚市,芦屋市,神戸市,伊丹市,尼崎市,三田市,川西市ほか隣接地域

  トップメニュー
  インフォメーション
  RSS 配信ニュース
  マンションの法律
  マンションの維持
  マンションの運営
  マンション関連書籍
  et cetera
  HP内検索

高度な検索



メイン : トラブル解決法 : 


ソート順:  タイトル ()日付 ()評価 ()人気 ()
現在のソート順サイト: 日付 (登録日の新しい順)


カテゴリ: トラブル解決法
訪問Windows7でフォルダツリーに点線を表示させる方法 人気 最終更新日: 2014-2-5
説明:
WindowsXPからWindows7にアップグレードしました。
エクスプローラの操作でいろいろ違いがあるので迷うことが多いのですが、どうにもなじめないのが左側のフォルダーウインドウの階層構造です。

XPの時は、[エクスプローラーのフォルダーオプション]→[表示の詳細設定]→「エクスプローラに簡易フォルダ表示を使用するのチェックを解除]で点線が表示され、階層をわかりやすくすることができました。Windows7ではその設定項目がなくなり、フォルダーに点線が表示できません。

どうにならないものかと思案していましたが、策を見つけましたのでその対処法を一つご紹介します。

「PCお役立ちリンク」内でご紹介している「Classic Shell」を使います。

Classic Shell へのリンク

?Classic Shell をインストール
?スタートメニューから[Classic Shell]→[Classic Explorer Settings]を起動
?[Navigation Pane]タブを選択
 [Navigation Pane Style]→[WindowsXP Classic]を選択
?プログラムを終了して、Windowsをログオフ、ログイン。
?WindowsXpと同様に、フォルダーに点線が表示されたと思います。

以上、参考まで。

ヒット数: 967   評価0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: トラブル解決法
訪問セキュリティソフトを導入してるのにウィルスに感染? 人気 最終更新日: 2013-9-2
説明:
セキュリティソフトの対策として『偽セキュリティソフト』の購入を誘うだけのページに注意!

運良く(?)このページにたどり着いた方、まずは落ち着いて下さい。焦って、偽セキュリティソフトの購入手続きを絶対にしないようにしてください。ウィルス感染ユーザーのクレジットカード情報の詐取が目的です。

―――症状―――
ウイルスチェックツールを装ったトロイの木馬ウイルスの勝手に強制インストール被害が起こってるようです。
Windowsパソコンをまるでウイルスチェックしてるかのような動くアニメーションが表示され、「Trojan」「Rogue」「Spyware」「Adware」といった種類の脅威をどんどこ”検出”し、こんなにたくさんウイルスが見つかったとする英語の警告を画面に表示します。

正規ウィルス対策ソフトの動作を止められるなど、ありとあらゆる作業を徹底的に妨害して焦らせた上、この状態を解消できるとする”有償版”偽ソフトをクレジットカードで今すぐ買うよう脅してきます。すべてはウイルスによる嘘デタラメです!
――――――――

セキュリティソフトが導入されていて、『ウイルス対策はバッチリ!』と思っている方も、以下のどれかに当てはまるWindowsパソコンでは侵入される可能性が大で要注意です。

1.Java(JRE) を最新版に更新せず古いバージョンのまま放置してる 《提供元:オラクル》
2.Adobe Reader を最新版に更新せず古いバージョンのまま放置してる 《提供元:アドビ システムズ》
3.Flash Player を最新版に更新せず古いバージョンのまま放置してる 《提供元:アドビ システムズ》
4.Windows Update をやってない 《提供元:マイクロソフト》


偽セキュリティソフト型ウイルスの駆除削除方法は、以下のサイトを参照ください。ご自身での駆除に自信のない方は、正規のウィルス対策ソフトメーカーもしくはPCに詳しい方にご相談ください。

● 偽セキュリティソフト System Care Antivirus 型ウイルスの無料駆除削除方法 リンク
● 偽セキュリティソフト Internet Security 型ウイルスの無料駆除削除方法 リンク

※なお、ご自身で駆除をなさる場合は、必ずデータを他のメディアへバックアップするなどの処置をした上、自己責任でお願いいたします。

ヒット数: 919   評価0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: トラブル解決法
訪問一太郎文書をPDF変換しようとするとエラー 人気 最終更新日: 2012-3-22
説明:
一太郎から、印刷で「Adobe PDF」を選択してPDF変換しようとすると、“「Adobe PDF」リソースファイルが見つかりません”とエラーが出る場合があります。

エラーメッセージは以下の通り
引用:

「Adobe PDF」リソースファイルが見つかりません
 "C:\documents and Settings\All Users\Documents\Adobe PDF\Settings\Adobe PDF Converter.joboptions"インストーラを修復モードで実行しますか?

WindowsXP SP3、一太郎、Adobe Acrobat7 Professionalの組み合わせで発生する場合があるようです。
【対処法1】
 ?Windowsの「プリンタとFAX」からAdobe PDFアイコンを削除する
 ?Acrobatを起動し、[ヘルプ] - [検知して修復]を実行
 ?Windowsを再起動
 ?「プリンタとFAX」にAdobe PDFが復活していることを確認する

【対処法2】
 Adobe Acrobat7 Professionalの削除と再インストール。面倒ですが、WindowsXP_SP3がらみの不具合があるようですので、対処法1で不具合が解消されない場合は再インストールを試してみて下さい。
http://www.adobe.com/jp/support/kb/ts/234/ts_234158_ja-jp.html
なお、PDFプリンターの設定が初期化されますので、必要ならメモを取っておきましょう。

ヒット数: 893   評価10.00 (投票数 1)
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: トラブル解決法
訪問複数バージョンのWordがあると、Word 2007 の起動に時間がかかる 人気 最終更新日: 2011-5-3
説明:
同じコンピューターに2種類のバージョンのMicrosoft Word(ex. Word2003とWord2007)がインストールされていると、Word 2007 の起動に時間がかかります。これは、そのコンピューター上で Word 2007 によって Word 2007 自体の自動登録が行われるためです。
 この自動登録は無効にすることができ、Word 2007 の起動が速くなります。ただし、自動登録を行わないと Word が正しく機能しなくなる可能性があるため、この方法を使用する場合、このことを承知した上で自己責任で行って下さい。

【重 要】
◆レジストリエディタは、コンピュータの重要な動作設定が登録されているシステム設定を変更するためのツールです。
レジストリを書き換えることは非常に危険です。レジストリを変更する場合は自己責任で、必ずバックアップをとってから行って下さい。意味の分からない方は絶対にレジストリを操作なさらないで下さい。パソコンが動かなくなるおそれがあります。
レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のマイクロソフトサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windowsでレジストリをバックアップおよび復元する方法

Word 2007 の自動登録を無効にするには、次の手順を実行します。
[1.] Word 2007 を終了します。
[2.] レジストリ エディターを起動します。
◎WindowsVista の場合は、[スタート]ボタンをクリックし、[検索の開始]ボックスに「regedit」と入力し、Enterキーを押します。
 管理者のパスワードを要求するダイアログボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログボックスが表示された場合は [続行]をクリックします。
◎WindowsXP では、[スタート]ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行]をクリックします。[名前]ボックスに「regedit」と入力し、[OK]をクリックします。

[3.] 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Word\Options

[4.]手順[3.]に記載されているサブキーが選択されている状態で、[編集]メニューの[新規]をポイントして、[DWORD 値]をクリックします。

[5.]「NoReReg」と入力し、Enterキーを押します。

[6.] [NoReReg] を右クリックし、[修正]をクリックします。
[7.] [値のデータ]ボックスに「1」と入力し、[OK]をクリックします。
[8.] [ファイル]メニューの [レジストリエディターの終了]をクリックして、レジストリエディターを終了します。

**** 拡張子[doc]の関連付けをWord2007からWord2003に戻したい ****
◆Word2007を起動していると、Word97-2003文書(拡張子がdoc)への関連付けもWord2007に変更されてしまうことがあります。

【修復方法】
Word2003を起動させてからドキュメントを開き、
メニューバー[ヘルプ]→[アプリケーションの自動修復] で修復できる場合があります。

エクスプローラーなどでdoc文書をダブルクリックして、無事、Word2003が立ち立ち上がったら修復完了です。

ヒット数: 978   評価0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: トラブル解決法
訪問ユーザーログインしてもユーザー権限がない−Xoopsサイト管理者向け 人気 最終更新日: 2011-2-15
説明:
【エラーメッセージ】
「制限時間を超えました。お手数ですがもう一度投稿して下さい。」「このエリアにアクセスする権限がありません」
年に1回起きるか起きないかの障害。そう頻繁に起きるわけではないので、対処法を備忘録を取っておきたいと思います。

【症状】
 管理者(または権限のあるユーザー)でログインする。ログインは一見成功したように見えます。その後自動的にトップページに戻ります。
 ニュース記事の更新やモジュールの更新などを行おうとしても、「制限時間を超えました。お手数ですがもう一度投稿して下さい。」ないし「このエリアにアクセスする権限がありません」というメッセージが出て、データ等の更新ができません。
 つまり、ログインできたと思っていても実際には完全にログインできていないということになります。
 なお、Xoopsのバージョンによってエラーメッセージは異なるようです。
・XOOPS JPEx…XOOPS 2.0.16a JPベースのXOOPSディストリビューションでは、「制限時間を超えました。お手数ですがもう一度投稿して下さい。」
・XOOPS 2.0.16aでは「このエリアにアクセスする権限がありません」

【原因】
データベースのxoops_sessionというセッションテーブルが壊れている場合に、この症状がでるようです。

【対処法】
?レンタルサーバー:xreaまたはcoreserverの場合
PhpMyAdminをインストールしておく。
?データベース名とデータベースパスワードでPhpMyAdminへログインする。
?その1
phpMyAdminからxoops_sessionテーブルを見ると、「can't Open」「ロック中」「Table 'xoops_session' is marked as crashed and should be repaired 」...などと表示されると、壊れている可能性が高いです。

このような場合、phpMyAdminのSQLで、以下のSQL文を実行することで、セッションテーブルを修復できる可能性があります。

REPAIR TABLE `xoops_session`

プレフィクス[ xoops_ ]部分は、初期値以外を設定している場合、あなたの環境に合わせて変更してください。

?その2
テーブルリストの表示で、xoops_sessionテーブルにチェックを入れ、左下のプルダウンリストから「テーブルを修復する」というメニューがあれば、これを選択して実行することでも修復できます。
こちらの方が簡単かもしれません。

ヒット数: 788   評価0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: トラブル解決法
訪問トラブル解決法 【目 次】 人気 最終更新日: 2009-1-13
説明:

ヒット数: 721   評価0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: トラブル解決法
訪問受信したメールを印刷してみると、印字文字が大き過ぎる! 人気 最終更新日: 2009-1-13
説明:
受信したメールを印刷してみると、印字文字が思ったより大きくてもう少し小さくしたい、またはその逆で大きくしたいなど、印刷時の文字サイズを変更したくなることがあります。ところがMicrosoft既定の『OutlookExpressメール』では読むための表示サイズは変更できても、メーラーである『Outlook Express』には印刷時の文字のサイズを変える項目がありません。これは、Microsoft既定のブラウザであるInternet Explorer(IE)が関係していることに因ります。

印刷するメールの文字のサイズは、IEと関係しています。IEを起動して、「ホームページ」の文字サイズを確認してみて下さい。文字サイズが「大」になっていませんか? この「ホームページ」の設定が、『Outlook Express』などのWindowsメールの印刷時の文字サイズに関係しているのです。

メールの文字サイズを「大」ではなく標準サイズの「中」にして印刷するには、まずIEを起動して表示されるホームページの文字サイズを「中」に設定し直して下さい。(メニューバー[表示]→[文字のサイズ]→[中])
その後、印刷したいメール画面を開いて印刷手順で印刷します。表示文字サイズを「中」にしても解消されない場合、さらに小さな「小」などに設定して印刷してみて下さい。

ちなみに、他のメーラーである『Thunderbird』では、「ページ設定」で印刷文字が拡大縮小できます。
★次世代メールソフト Thunderbird 2

ヒット数: 3456   評価10.00 (投票数 1)
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: トラブル解決法
訪問ファイルをダウンロードする際に保存の確認メッセージが表示されない 人気 最終更新日: 2009-1-13
説明:
【症状】
ファイルをダウンロードする際に、既定では保存するかどうかを確認するダイアログ ボックスが表示されます。ダウンロード時に「この種類のファイルであれば常に警告する」のチェックをはずすと、次回から同じ種類のファイルには確認メッセージは表示されなくなり、保存先が表示されずいきなり開こうとしてしまいます。この挙動を元に戻すには、次の操作を行ないます。

【対処方法】WindowsXP
■WindowsXP の場合
1.マイコンピュータのメニューバーで、[ツール] - [フォルダオプション] をクリックします。
2.「詳細設定」タブをクリックします。
3.「ファイルの種類」タブをクリックします。
4.保存先を指定したいファイルの拡張子を選択し、[詳細設定] をクリックします。
5.「ダウンロード後に常に開くように設定する」のチェックをつけます。
6.[OK] をクリックします。
●ファイルをダウンロードする際に保存の確認メッセージが表示されない場合の対処方法 (WinXP の場合)

■WindowsME/2000
以下のURLをご参考下さい。
●ファイルをダウンロードする際に保存の確認メッセージが表示されない場合の対処方法 (Win98、WinMe および Win2000 の場合)

ヒット数: 1027   評価0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: トラブル解決法
訪問表示は正常な PDF ファイルを印刷すると文字化けが発生する 人気 最終更新日: 2009-1-13
説明:
【症状】WindowXP
PDFファイルを、画面上では正常に表示されるのに、印刷すると文字化けが発生します。
【対処方法】
この現象の要因には、フォントやプリンタドライバの問題が考えられます。
フォントキャッシュが壊れている場合にこの症状が出る場合があります。セーフモードで起動するなどして、フォントキャッシュを再構成します。具体的な方法は下記URLをご参考下さい。

●特定のフォントが、フォント一覧に表示されない場合の対処方法 (Windows XP の場合)

アドビ(Adobe)のHPにも対処法が載っていますので下記URLをご参考下さい。

●画面表示は正常な PDF ファイルを印刷すると一部の文字が欠けたり文字化けが発生する場合の対処方法

ヒット数: 802   評価0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: トラブル解決法
訪問InternetExplorer(IE6以降)でのソース表示のエディタを変更したい 人気 最終更新日: 2009-1-6
説明:
ホームページのソースを表示させた時、文字化けして既定エディタである『メモ帳』に不便を感じたことはありませんか?
ホームページのソースが一般的な[Shift_JIS]文字コード以外、例えば [EUC-JP]などで記述されている場合、ソースを『メモ帳』で表示すると文字化けしてしまいます。こんな時、レジストリを操作して、他のエディタへ変更することが出来ます。

【重 要】
◆レジストリエディタは、コンピュータの重要な動作設定が登録されているシステム設定を変更するためのツールです。
レジストリを書き換えることは非常に危険です。レジストリを変更する場合は自己責任で、必ずバックアップをとってから行って下さい。意味の分からない方は絶対にレジストリを操作なさらないで下さい。パソコンが動かなくなるおそれがあります。

■IE 6以降(IE7も可)の既定の『表示ソースエディタ』の変更方法
(メニューバー「表示」→「ソース」で開くエディタの変更方法)

1. regedit.exe を起動する。

2.以下の場所へ移動する。
   [HKEY_LOCAL_MACHINE]
     +[SOFTWARE]
        +[Microsoft]
           +[Internet Explorer]

3.キー名[View Source Editor]が無い場合、
「新規」→「キー(K)」を選択し、キー名を[View Source Editor]とします。

4. さらに[View Source Editor]の下にキー名を[Editor Name]で追加します。
   [HKEY_LOCAL_MACHINE]
     +[SOFTWARE]
        +[Microsoft]
           +[Internet Explorer]
              +[View Source Editor]
                 +[Editor Name]

5. キーのタイプ[REG_SZ]の「値のデータ(V)」に、利用したいエディタの実行パスを記述します。
 例:サクラエディターが[C:\sakura\sakura.exe]にある場合
   「値のデータ(V)」として以下を記述する
    C:\sakura\sakura.exe または
    "C:\sakura\sakura.exe"
   
以上で、既定エディタの変更ができました。

なお、「エディタ」によっては、『IE5.5』以前では起動しないことがあります

ヒット数: 476   評価0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)



     |ホ ー ムプライバシーお問い合わせお問い合わせフォームリンクについてリンク集
   
Copyright ©2003-2017, Condominium Administrative Manager MAINO, Edu-Plan Ltd.           
  == 左側メニュー枠が縮小されて歪む場合、【 お気に入り 】エクスプローラーバーを一時閉じて閲覧ください ==