マンション管理士は、マンション管理の諸問題に対して管理組合の立場に立って、解決を支援する専門家です!業務地域◇阪神地区:西宮市,宝塚市,芦屋市,神戸市,伊丹市,尼崎市,三田市,川西市ほか隣接地域

  トップメニュー
  インフォメーション
  RSS 配信ニュース
  マンションの法律
  マンションの維持
  マンションの運営
  マンション関連書籍
  et cetera
  HP内検索

高度な検索
建築・住宅ニュース
日経アーキテクチュア

  ホーム >> RSS 建築・住宅ニュース >> メイン

RSS 建築・住宅ニュース

サイト内で記事が検索できます。
複数のキーワードはスペースで区切ってください。
  メイン  |  簡易ヘッドライン  


現在データベースには 14247 件のデータが登録されています。

rdf rss atom

最新 RDF/RSS/ATOM 記事

feed 平均年収は680万円に回復するも…5年ぶり労働実態調査どう読む?(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ) in link 日経アーキテクチュア (2018-5-10 6:30:43)
2018年5月10日号の特集は「労働実態調査2018 脱・長時間労働」です。一級建築士365人のアンケート回答を得て、年収や労働時間、やりがいなどを分析しました。同様の調査を10年前の2008年、5年前の2013年にも実施しており、それらとの比較も掲載しています。

feed 現場ロボット普及前夜、建設会社が手を結べば…(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ) in link 日経アーキテクチュア (2018-4-25 18:08:30)
古くは「桃太郎」、ベテラン世代は「七人の侍」、現役世代は「ドラゴンボール」……。こういうタイプのストーリー展開を「戦士集結型物語」と名付けるとすると、今号の特集「真の生産性革命へ! 現場ロボット図鑑」はそれと似た面白さのある企画です。

feed 家ブログを侮ってはいけない(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ) in link 日経アーキテクチュア (2018-4-21 2:12:20)
住宅を建設する際に、インターネット上のブログへ工事や打ち合わせの内容を細かく記録する“家ブロガー”が増えています。手間をいとわずにそうした取り組みに注力する建て主は、人生の一大イベントである家づくりに、それだけ真剣に向き合っているとも言えます。

feed 関電不動産開発など7社、1500億円で取得(日経不動産マーケット情報・目次) in link 日経アーキテクチュア (2018-4-18 23:41:08)
▼特集/MIPIM特派報告▼売買事例分析/1月〜3月の動向▼オフィス市況トレンド/成約賃料調査

feed 創刊42年、「座して待つ」からの脱却(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ) in link 日経アーキテクチュア (2018-4-11 10:50:39)
新築需要だけではこの先食っていけない──。今や建築実務者の多くが感じている危機感でしょう。しかし、それ以外に一体どうやって稼げばいいのか──。そのヒントを探るのが4月12日号の特集「今こそ好機!『稼ぎ方』再考」です。

feed 注目の話題は「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング) in link 日経アーキテクチュア (2018-3-29 18:37:51)
3月26日〜4月1日のアクセスランキング1位は、2017年が「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」、2016年が「引き戸が人気、省エネ先進国ドイツの窓の最新トレンド」、2015年が「パッシブデザインの極意、風より太陽を旨とすべし」でした。

feed 8割が経験した住宅設備のトラブルに着目(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ) in link 日経アーキテクチュア (2018-3-23 11:25:19)
日経ホームビルダー4月号では、住宅設備のトラブルに着目した特集「知らないでは済まない住設トラブル」を掲載しました。「エネファーム」や「エコキュート」といった省エネ給湯器や換気扇、こんろ、温水洗浄便座、エアコンといったさまざまな住宅設備について、近年発生した騒音や火災、やけど、故障といった事象の種別ごとにトラブル事例を詳説しています。

feed 注目の話題は「ユニクロの新オフィス公開」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング) in link 日経アーキテクチュア (2018-3-23 11:25:19)
3月19日〜3月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「ユニクロの新オフィス公開、物流倉庫の最上階」、2016年が「24時間換気があるのに換気不足」、2015年が「『さすが免震と思ったのに…』当惑する日立市」でした。

feed 70年代の議論を超えられるか? 縮小時代の間取り考(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ) in link 日経アーキテクチュア (2018-3-20 6:12:52)
3月22日号の特集は、四半期に一度掲載している住宅特集です。今回のテーマは「プラン研究 縮小時代の『開き方』」。歴史を振り返ると、開く・閉じる、ワンルーム、二世帯といった今風のテーマが1970年代から論じられていたことが分かります。

feed 日経アーキテクチュアSelection キーワードでわかる都市・建築2.0(日経アーキテクチュアの本) in link 日経アーキテクチュア (2018-3-17 3:53:36)
日経アーキテクチュア編集部が総力をかけて、建築全領域の“変化の兆し”を取材。100のキーワードに整理して、分かりやすく予測・解説しています。<日経アーキテクチュア(編)/ 価格:本体2,400円+税 / 発行日:2018年4月9日>

« 1 (2) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [1425] » 

execution time : 0.387 sec
  建築・住宅ヘッドライン
建築・住宅ニュース


     |ホ ー ムプライバシーお問い合わせお問い合わせフォームリンクについてリンク集
   
Copyright ©2003-2017, Condominium Administrative Manager MAINO, Edu-Plan Ltd.           
  == 左側メニュー枠が縮小されて歪む場合、【 お気に入り 】エクスプローラーバーを一時閉じて閲覧ください ==