マンション管理士は、マンション管理の諸問題に対して管理組合の立場に立って、解決を支援する専門家です!業務地域◇阪神地区:西宮市,宝塚市,芦屋市,神戸市,伊丹市,尼崎市,三田市,川西市ほか隣接地域

  トップメニュー
  インフォメーション
  RSS 配信ニュース
  マンションの法律
  マンションの維持
  マンションの運営
  マンション関連書籍
  et cetera
  HP内検索

高度な検索
建築・住宅ニュース
日経アーキテクチュア

  ホーム >> RSS 建築・住宅ニュース >> 建築・住宅ニュース

RSS 建築・住宅ニュース

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

リンク 単体表示


link 建築・住宅ニュース 建築・住宅ニュース (2021-10-19 9:09:58)

現在データベースには 14281 件のデータが登録されています。

feed 【調査】「建設業界の法令順守の取り組みは不十分」、公取委が分析(ニュース(建築・住宅)) (2007-5-23 5:32:48)
入札談合事件が頻発しているにもかかわらず、全般的に危機意識が低い??。公正取引委員会は、建設業界のコンプライアンス(法令順守)の取り組みについて、独占禁止法に対する危機意識が乏しく、研修や社内監査が不十分だという見解を示した。建設会社へのアンケート調査を踏まえて5月16日に公表した報告書「建設業におけるコンプライアンスの整備状況?独占禁止法を中心として?」に記している。 アンケートの結果、独禁法違反が起こる危機感があるとの回答が、3割弱にとどまったことなどが、厳しい指摘の背景にある。法令順守の研修を実施している事業者は半分以下。社内監査は12%しか実施していなかった。会社の規模が小さくなるほど、危機意識 ...

feed 【新技術】防犯性能の高い合わせガラスを採用しやすく、消防庁が通知(ニュース(建築・住宅)) (2007-5-23 5:32:48)
防犯性能の高い合わせガラスが、3月に出た総務省消防庁の通知によって使いやすくなった。 2枚のフロート板ガラスの間に中間膜を挟んだ合わせガラスは、貫通孔を開けにくいことから防犯対策製品としてニーズが高まっている。 一方、消防法では開口部の性能として「外部から開放し、または容易に破壊することにより進入できる」ことを求めている。合わせガラスがこの開口部として認められないと、消防法施行規則5条の2に規定する無窓階と判定されるケースがあった。その結果、面積に応じて屋内消火栓や自動火災報知設備などの設置が必要となり、合わせガラスの採用を見送る理由になっていた。 消防庁は02年、厚さ30milの中間膜を厚さ3mm以下のフロ ...

feed 【防災】落下の恐れある三重県施設の吊り天井、県技術系職員の再調査で新たに12件判明(ニュース(建築・住宅)) (2007-5-23 5:32:48)
三重県は5月16日、大空間を持つ県施設100件のうち31件の天井が、落下防止対策をまだ実施していない吊り天井だったと発表した。31件のうち12件は、2005年度の調査では吊り天井だとわからなかったものだった。このときの調査では県の事務系職員が目視だけで調べた施設もあったため、見落としが生じた。07年度調査では、建築行政に携わる技術系職員が全施設を精査した。 05年度の調査は、05年8月の宮城県沖地震でスポーツ施設「スポパーク松森」(仙台市)の吊り天井が崩落したのを受け、国土交通省が全都道府県に通知して実施した。床面積500m2以上の空間を持つ施設の天井が吊り天井かどうか、吊り天井の場合は国交省が01年と03年に通知した落下防 ...

feed 【新技術】光を透過するコンクリートパネルを開発、住田光学ガラスなど(ニュース(建築・住宅)) (2007-5-23 5:32:48)
住田光学ガラスはアトミックと共同で、一辺の長さが5〜10mmの正方形の断面を持つガラス柱を埋め込んだコンクリートパネル「グラスコン」を開発した。背面から照射した光が、ガラスの部分で透過する。同社は意匠性の高いコンクリートパネルとしての採用を期待している。 コンクリートとガラスを組み合わせて一つの建材にするために、材料選定を工夫した。例えば、ガラスには添加材を加え、耐アルカリ性を高めた。骨材のアルカリ骨材反応によってガラスに損傷を与えないよう、アルカリ金属イオンなどが少ない材料を選んだ。さらに、ガラスとコンクリートの膨張率の違いを考慮。ガラスの周囲に有機系の接着剤を塗布した状態でコンクリートを流し込 ...

feed 【調査】商業施設の施工単価が坪53万円に上昇、日経アーキテクチュア調べ(ニュース(建築・住宅)) (2007-5-23 5:32:48)
商業施設の2006年4月〜2007年3月の平均施工単価は坪当たり53万円と、2005年4月〜2006年3月に比べて1万5000円(3%)上昇したことが、日経アーキテクチュアが3月上旬に実施した調査で明らかになった。商業施設の場合、単価の差が極端に大きくデータにばらつきが生じやすいものの、3カ月ごとの調査からは平均単価の上昇傾向が読み取れる。 2006年4月〜2007年3月の施工単価の構成比をみると、坪100万円以上の割合は1.8ポイント減って5.3%になった。一方、30万円未満の物件の割合は10ポイント減って14%になった。高額物件が減ったものの、それ以上に低額物件が減ったので、トータルでは単価が上昇した。

feed 【調査】PFI事業の運営実態を内閣府が報告、満足度は高いがサービスの維持に課題(ニュース(建築・住宅)) (2007-5-23 5:32:48)
内閣府の民間資金等活用事業推進室は5月15日、運営中のPFI事業で、サービスの質を維持するための定期測定を行っていないケースが約3割あることなどを報告した。運営状況をモニタリングする仕組みや、その運用に課題が残されていることが浮き彫りになった。PFI制度などを推進するために総務省と連携して設置した「官民連携手法に関する関係省庁連絡協議会」の初会合で明らかにした。 施設管理者などを対象にアンケート調査した結果、事業の総合的な成果を「良い」「極めて良い」と肯定的に評価する回答は約7割を占めた。一方で、約6割の事業で要求水準書以外にサービス内容や品質などを規定した文書を作成していないことがわかった。

feed 【法改正】建築構造計算書の書式を構造別に統一へ、試案に対する意見公募(ニュース(建築・住宅)) (2007-5-23 5:32:48)
国土交通省は、プレストレストコンクリート造など特殊な建築構造9種類の構造計算書書式案を5月17日に発表した。6月15日まで意見を公募中だ。書式案は、6月20日に施行される改正建築基準法に対応している。改正前の建基法の下では、国交省はこれらの構造計算書の書式を特に定めていなかった。改正建基法の下で建築確認の審査が厳しくなるのに伴い、初めて書式を構造別に統一する。審査の効率を上げて、確認手続きの長期化を防ぐ狙いがある。 意見公募の対象は、以下9種類の特殊構造だ。いずれも国交省の告示の案という形をとっている。・プレストレストコンクリート造の建築物・免震建築物・壁式ラーメン鉄筋コン

feed 【トラブル】下水ガス?!わずか数年で金属樋がボロボロに(ニュース(建築・住宅)) (2007-5-23 5:32:48)
写真は東海地方のある住宅会社が撮影した、ガルバリウム鋼板製の雨樋の腐食部分。引き渡しからわずか数年でエルボーの部分がさびてボロボロになり、穴が開いてしまった。 同社では昨年、雨樋が腐食したというクレームが立て続けに3物件で起きた。いずれの住宅も浄化槽地域に建っていたという。腐食した雨樋は汚水ますに直結されており、そのますには浄化槽の放流口が接続されていた。 住宅会社はすっかり困惑していた。「樋が腐食したということは、壁も屋根も腐食するということなのか」と住まい手に詰め寄られた。3棟の住宅の建設地は離れており、最初は原因がまったく分からなかった。社内の建築士が1棟当たり丸1日かけて点検し、樋以外は腐 ...

feed 【新技術】地震後に自動復旧するエレベーター、日立ビルシステムなどが開発(ニュース(建築・住宅)) (2007-5-23 5:32:48)
日立ビルシステムと日立製作所は、エレベーターが地震で停止した際に自動診断して仮復旧させるシステム「ヘリオスドライブ」を共同で開発した。高さ60mまでの建物に設置したエレベーターで採用できる。同様のシステムは他社で開発されているものの、システムを導入できる建物の高さは30m程度だった。 日立ビルシステムなどは、主に高さが30mを超える建物のエレベーターに設置するコンペンチェーンの異常を検出する仕組みを開発。60mまでの建物への対応を可能にした。このチェーンは乗りかごとつり合い重りをつないでバランスを保つ。 開発したシステムでは、乗客を降ろしたエレベーターについて、速度を上げながら試運転して異常の有無を確認。

feed 【自然素材】JASS改訂で「左官」が使いやすくなる、短期連載「いま左官仕上げが熱い!(その1)」(ニュース(建築・住宅)) (2007-5-23 5:32:48)
一般の住宅雑誌などで最近、左官仕上げを特集のテーマに取り上げる例が目に付くようになった。その背景には、家づくりで左官仕上げに対する建て主のニーズがここ数年、じわじわと高まってきたことがある。 下の写真は、リビングデザインセンター(東京都新宿区)が今年3月、一般の建て主を対象に実施したしっくい塗りの実習講座の模様。「様々なテーマの実習講座を開いているが、左官仕上げに関する講座は特に人気がある」とOZONE情報バンク室内環境ラボの稲田智子さんは語る。 受講者たちに話を聞いてみると、様々な声が返ってきた。「シックハウス問題など、室内環境の改善に興味がある」「光が当たった時の表情など、独特の風合いが好き」「 ...

« [1] 1418 1419 1420 1421 1422 (1423) 1424 1425 1426 1427 1428 [1429] » 

execution time : 1.603 sec
  建築・住宅ヘッドライン
建築・住宅ニュース


     |ホ ー ムプライバシーお問い合わせお問い合わせフォームリンクについてリンク集
   
Copyright ©2003-2017, Condominium Administrative Manager MAINO, Edu-Plan Ltd.           
  == 左側メニュー枠が縮小されて歪む場合、【 お気に入り 】エクスプローラーバーを一時閉じて閲覧ください ==